2008年12月25日 (木)

「鯨類・鰭脚類」〜動物画家藪内正幸 若き日の傑作

01薮内正幸(やぶうち・まさゆき、1940-2000)といえば、若い頃から鳥好きで現在40代前後以上の方はサントリーがやっていた愛鳥キャンペーンの新聞広告のイラストレーターとして鮮明に記憶しておられるでしょう。

続きを読む "「鯨類・鰭脚類」〜動物画家藪内正幸 若き日の傑作" »

2008年7月 5日 (土)

アホウドリを絶滅の瀬戸際に追い込んだ張本人は大東諸島開発の英雄

02sもう2カ月になりますが、5月の連休に南大東島に旅行してきました。

続きを読む "アホウドリを絶滅の瀬戸際に追い込んだ張本人は大東諸島開発の英雄" »

2008年3月 1日 (土)

ラクダの鼻・鳥の肺・海鳥と塩水

The_camels_nose_s
鳥の体の仕組みについてもさまざまの発見をした動物生理学者、クヌート・シュミット=ニールセン(1915-2007)の自伝です。

続きを読む "ラクダの鼻・鳥の肺・海鳥と塩水" »

2008年1月 5日 (土)

東博でねずみ年のお正月

Photo
1/2に東博(東京国立博物館)を見にゆきました。

続きを読む "東博でねずみ年のお正月" »

2007年10月13日 (土)

骨まで愛して(1)

Osteology_2鳥の骨を科まで同定する本です。この紹介文は以前に別の場所に書いたものに加筆訂正しました。

続きを読む "骨まで愛して(1)" »

2007年1月21日 (日)

中国の環境問題)抗いがたい潮流

前の記事で「東京湾にガンがいた頃」(塚本洋三, 2006, 文一総合出版)を紹介しましたが、それを読んで思いおこされることの一つは、このところ立て続けに、中国で環境に激しい変化が起こっていることを思わせるニュースを聞くことです。

続きを読む "中国の環境問題)抗いがたい潮流" »

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30