2015年6月25日 (木)

ホトトギスの凋落(3) 〜「不如帰」、帰ることができなかったのか?

Shinryoku

さきの投稿「ホトトギスの凋落(1)〜むかし栄耀栄華を極めてた「ホトトギスの凋落(2)〜失われた神通力」 で、ホトトギスが古来、いわゆる花鳥風月のあらゆるイメージの中のチャンピオンに君臨してきたこと、そしてそれが現代では忘れられつつあることを書きました。ここでは、ホトトギスの漢字表記のいくつかについて思いを巡らせながら、ここにも顔を出す凋落ぶりについてご紹介します。
 

続きを読む "ホトトギスの凋落(3) 〜「不如帰」、帰ることができなかったのか?" »

ホトトギスの凋落(2)〜失われた神通力

3b_s_w_line

さきの投稿「ホトトギスの凋落(1)〜むかし栄耀栄華を極めてたでは、ホトトギスが、「四箇の景物(しこのけいぶつ)」と呼ばれる、日本の詩歌のイメージに最も重要な4つのキーワードの中に、雪、月、花とともに含まれてきたことを書きました。

ここからが「ホトトギスの凋落」の本題です。

続きを読む "ホトトギスの凋落(2)〜失われた神通力" »

2015年6月24日 (水)

ホトトギスの凋落(1)〜むかし栄耀栄華を極めてた

Hototogisu_rev_img_895

5月の下旬ごろからでしょうか、関東地方でもホトトギスの声が聞かれるようになりました。ホトトギスは姿を見るのがなかなか難しい鳥です。一方飛びながら鳴くその鳴き声はとてもけたたましく、また夜も盛んに鳴きますので、声のほうがよく知られています。初夏に渡来して大きな声で鳴くので、季節を感じさせる声です。

続きを読む "ホトトギスの凋落(1)〜むかし栄耀栄華を極めてた" »

2014年1月 1日 (水)

屠蘇の成分をカタカナで言ってみる

S_2

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

さて、お正月に欠かせない飲み物食べ物はいろいろありますが、多くの日本人が元旦の最初に接する飲み物は屠蘇(とそ)でしょう。

薬局で買ってきた屠蘇散のパッケージを見ると、いろんな漢方薬の名前が書いてあります。今回はアームチェア・ボタニスト(植物学者)となって、この漢方薬の素性を掘り下げてみたいと思います。

続きを読む "屠蘇の成分をカタカナで言ってみる" »

2009年11月11日 (水)

正倉院宝物バードウォッチング

Photo東京国立博物館で「皇室の名宝」展が開催されています。

続きを読む "正倉院宝物バードウォッチング" »

2007年5月 3日 (木)

日本産カエルによる斉藤茂吉変奏の試み

季節が暖かくなり千葉県北部の私の出没するあたりでもカエルの声が聞こえるようになりました。

続きを読む "日本産カエルによる斉藤茂吉変奏の試み" »

リチャード・ギアのTV・CMと外来生物問題

リチャード・ギアといえば最近インドで、女優さんにパフォーマンスでキスをして謝罪したなんていうワイドショーねたが流れていますが、同じインドでリチャード・ギアですが、それとは関係なく、もう2年ほど前に流れていたテレビコマーシャルの話題です。

続きを読む "リチャード・ギアのTV・CMと外来生物問題" »

2007年2月 1日 (木)

ウソの当たり年、節分に鷽替え!(2)

何年も前ですが、日本野鳥の会の機関誌である「野鳥」誌の古いものを調べる機会があり、たまたま「鷽替え(うそかえ)」の記事を見つけて、あるパソコン通信(古!)のフォーラムに書いたことがあるのですが、その文章が残っていましたので少し手を加えて以下に載せます。

続きを読む "ウソの当たり年、節分に鷽替え!(2)" »

ウソの当たり年、節分に鷽替え!(1)

Photo_29関東地方でウソの当たり年となった今シーズンですが、すでにこのブログで、
● 日本産の種ウソの3亜種
●種名の由来は口笛であること/サクラの花芽の食害
のふたつの記事を書いています(色の変わったところをクリックですぜ(^^;)。そこでウソ第3弾ですが・・・

続きを読む "ウソの当たり年、節分に鷽替え!(1)" »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31