« ホトトギスの凋落(1)〜むかし栄耀栄華を極めてた | トップページ | ホトトギスの凋落(3) 〜「不如帰」、帰ることができなかったのか? »

2015年6月25日 (木)

ホトトギスの凋落(2)〜失われた神通力

3b_s_w_line

さきの投稿「ホトトギスの凋落(1)〜むかし栄耀栄華を極めてたでは、ホトトギスが、「四箇の景物(しこのけいぶつ)」と呼ばれる、日本の詩歌のイメージに最も重要な4つのキーワードの中に、雪、月、花とともに含まれてきたことを書きました。

ここからが「ホトトギスの凋落」の本題です。
このように古くから愛でられてきたホトトギスですが、近年の認知度は非常に下がってしまったようです。
 
今でも稀には渡りの時期に東京都区内でも聞かれることがあるでしょうし、本州以南のあるていど緑の多い郊外や田園地帯では初夏の時期に声を聞くことは珍しくないでしょうが、「あれがホトトギスだ」とわかる方が少なくなってしまったようです。
 
こういう背景を反映してか、ホトトギスの地位の凋落があちこちで起こっています。

Photo

以前は、ホトトギス、カッコウ、ツツドリ、ジュウイチなどを含む鳥のグループの名前は、ホトトギス目ホトトギス科でした(さらに遡ると、戦前から戦後しばらくの間は、ホトトギスの漢字表記「杜鵑」を使って、「杜鵑目杜鵑科(とけんもくとけんか、注1)」と言っていました。)しかし、日本産鳥類について、図鑑を作る際に参照される基本文献『日本鳥類目録』(日本鳥学会)では、2000年に刊行された改訂第6版から、このグループの名称をカッコウ目カッコウ科に変更したのです。
 
その理由は「この仲間のほとんどがカッコウの名をもち、カッコウが群を代表する名として適切だからである」(『日本産鳥類リスト』日本鳥学会目録編集委員会、日本鳥学会誌, 46(1).p. 60. 1997.)とのこと(注2)。

Photo_2

明治時代、欧米の科学を取り入れて、日本の生物の分類体系を整えるにあたって、生物の和名を選んだ生物学、鳥類学の先達にとって、このグループを代表する鳥は、ホトトギスの偉さを考えれば他には考えられなかったのでしょうが、平成の世にいたってこの鳥のそういった神通力はまったくなくなってしまったようです。
 
さらに2015年になって、ホトトギス関係者(?)にはショックなことに、普通切手のデザインの改訂がありました。3円の普通切手は、ホトトギスの図案でしたが(このページ最上部の画像)、改訂によってシマリスの図案になったのです。

Fg2007

たしかに3円のホトトギスはデザインがちょっと暗かったですし、シマリスがカワイイことに何の異存もありません。ですが、日本の文化的伝統の蓄積の中に占めるイメージの広がり、その質と量、ひとことで言ってホトトギスの偉さ(^^)、それにひきかえたシマリスの偉くなさ(^^)を思うとき、時代が変わってしまったな~と思わざるをえません(←年寄りくさい??(^^;))。
 
鳥のセレブどころか、花鳥風月のあらゆるイメージの中のチャンピオン、「四箇の景物」と呼ばれる、いわば四天王の一人だったホトトギスは、今はもうただの鳥にすぎなくなってしまったようです。これからは日本に600種からいる鳥のなかの1種という地位に戻って、トッキョキョカキョクと鳴きながら山野を飛んでゆくのでしょう。
 
 
(注1)当時の図鑑類には、「杜鵑」と書いて「ほととぎす」と読ませる意図だったことがいろいろな状況から推察されるものもありますが、他方で「杜鵑科」として、「杜鵑」にはっきりと「とけん」と読み仮名を振っているものも複数あります。
(注2)「この仲間のほとんどがカッコウの名をもち」は、日本に分布する普通種4種がホトトギス、カッコウ、ツツドリ、ジュウイチであることを考えれば不思議な言明です。国外の種のことを言っているとすれば、そもそも種としてのカッコウしかこの仲間の鳥がいない、ヨーロッパ北西部の言葉である英語を使って命名した結果である「xxx cuckoo」といった名前を機械的に置き換えて和名にすればそうなるのは当然と思われ、そのことをあらためてこのグループの和名をつける根拠にするのはちょっと説得力がないのでは?とからみたくもなります。
 
※ 画像のうち、科の和名を表示した書籍ページは上から、とけん(杜鵑)科(『改訂増補日本動物図鑑』第20版、内田清之助他、1959、北隆館)、ホトトギス科(『原色日本鳥類図鑑』増補改訂版、小林桂助、1965、保育社)、カッコウ科(『フィールドガイド日本の野鳥』増補改訂版、髙野伸二、2007、日本野鳥の会)

【関連記事】 (ホトトギス関連)

「ホトトギスの落とし文」(2006年6月25日)

「ホトトギスの凋落(3)〜「不如帰」、帰ることができなかったのか?」(2015年6月25日)

« ホトトギスの凋落(1)〜むかし栄耀栄華を極めてた | トップページ | ホトトギスの凋落(3) 〜「不如帰」、帰ることができなかったのか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/94469/60503005

この記事へのトラックバック一覧です: ホトトギスの凋落(2)〜失われた神通力:

« ホトトギスの凋落(1)〜むかし栄耀栄華を極めてた | トップページ | ホトトギスの凋落(3) 〜「不如帰」、帰ることができなかったのか? »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31