« アカハラダカの名所、佐世保烏帽子岳でハチクマを見る! | トップページ | 骨まで愛して(2) »

2007年10月13日 (土)

骨まで愛して(1)

Osteology_2鳥の骨を科まで同定する本です。この紹介文は以前に別の場所に書いたものに加筆訂正しました。

【タイトル】Osteology for the Archaeologist
【著者】Stanley J. Olsen
【シリーズ】Papers of the Peabody Museum of Archaeology and Ethnology, vol. 56, numbers 3, 4, and 5.
【出版社】Peabody Mueum, Cambridge, Massachusetts, U. S. A.
【発行年】1979
【ページ数】186pp.
【ISBN】0-87365-197-9

この本は1970年代にピーボディ考古学民族学博物館で出された「考古学者のための骨学」と題された3つのタイトルの論文を、おそらくno.5が出た1979年に合本したものです。

No.3は、アメリカン・マストドンとウーリー・マンモス、No.4は鳥の頭骨、No.5は鳥の体の骨を扱っています。いずれも内容の体裁はほぼ同じで、体の各部の骨をいくつかの角度から撮影した写真を掲載して本文で解説しています。

鳥について見ますと、主にアメリカ産の18目40科の鳥について骨の写真がたくさん掲載され、非常に便利なものと思います。頭部は、下嘴(1コマ)と頭骨の3コマ(背面、側面、腹面)の写真が掲載されています。体は、胸骨、腰帯、大腿骨、脛骨、ふしょ骨、上腕骨、中手骨、橈骨、尺骨、烏口骨の写真が1点2コマ以上掲載されています。

種ごとに各部の骨が掲載されているのではなく、骨の部位ごとに、各種の鳥の骨が並べてあるので、拾った骨の同定には非常に便利と思います。それにあわせて本文の解説があるほか、写真には矢印等で見るべき特徴を示してあります。

各科1種ずつですので、アメリカで使っても科レベルまで絞るための本ということでしょうが、日本でも共通の科がたくさんいますから、同様に科レベルまで絞るための参考書として大変有用と思います。なお、なぜかミズナギドリ目はひとつも出ていません。

写真はぱっちりしないモノクロ写真ですが、実用には十分耐えると思います。写真にはスケールが付いていますが、測定値は載っていません。あくまで科まで絞るための本ということでしょう。考古学者ならずとも、鳥の骨が好きな人にはお奨めです。またマンモスの骨拾いがお好きな方(^^)もどうぞ。

姉妹編として、下記があります。
●哺乳類
S. Olsen, 1964. Mammal remains from Archaeological Sites. Part 1. Southeastern and southwestern United States. Papers of the Peabody Museum of Archaeology and Ethnology, vol. 56, number 1. Peabody Museum, Cambridge, Massachusetts, U. S. A. 162pp.

●魚類、両生爬虫類+野生シチメンチョウ
S. Olsen, 1968. Fish, Amphibian and Reptile remains from Archaeological SItes. Part 1. Southeastern and southwestern United States. Appendix. The Osteology of the Wild Turkey. Papers of the Peabody Museum of Archaeology and Ethnology, vol. 56, number 2. Peabody Museum, Cambridge, Massachusetts, U. S. A. 137pp.

記事タイトルは城卓矢という歌手の往年のヒット曲。いわゆる「ど演歌」ですが、iTunes Storeで検索すると、ビリー諸川という人のファンキーなカバーバージョンがヒットします。

« アカハラダカの名所、佐世保烏帽子岳でハチクマを見る! | トップページ | 骨まで愛して(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/94469/8376986

この記事へのトラックバック一覧です: 骨まで愛して(1):

« アカハラダカの名所、佐世保烏帽子岳でハチクマを見る! | トップページ | 骨まで愛して(2) »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31